お知らせ・ブログ

増税とポイント

2018/10/16

ブログ

おはようございます。

ハベクロ鈴木です。

 

もう朝晩は寒いくらいですね。

今日から上に羽織る薄手のコートを引っ張り出して着ています。

日中は不要ですが、帰りが寒いもんね・・・

 

さて、先日政府より来年10月に絶対増税する!という発表がありました。

今までは経済状況などの影響で2回も延期されたこの増税。

ま、今回は確実にやるでしょうね(大きな事件が無ければ)。

 

増税とともに、キャッシュレスで支払をすると増税分のポイント還元がされるという発表もありました。

は?ポイント?と思った方は多いでしょう。つい先日もマイナンバーカードをポイントカードにするという案が出ていましたが、政府はポイント制度を導入したくて仕方がないのです。

正確に言うとポイント制度ではなく、キャッシュレス化したいんでしょうけどね。

しかし2%は大きいですよ。

あの○ポイントカードでも0.5~1%ですもんね。
1000円買ったら20円分ポイントが付くとなれば、現金からキャッシュレスに走る消費者は多いでしょう。

 

では、なぜ政府はキャッシュレスにしたいのか。

それは、様々な理由がありますが、おそらく以下の3つが大きな理由だと思います。

1.現金をデータ化(キャッシュレス化)することで、事業者の売上を正確に把握し、徴税したいから。

2.外国に比べてキャッシュレス化が遅れているので、オリンピックまでに対応したいから。

3.通貨の流通量をコスト削減のために制限したいから。

※これは私の勝手な想像ですから、間違ってるかもしれません。

 

と、いうことで政府がキャッシュレス化したい理由は納得しました(個人的に)。

あとは、その対応ですが・・・・来年の秋までに間に合うかな?

このままでは、特に中小零細は対応しきれずにドボンしそうな気がします。

そうならないためにも、設備導入の補助金のことや、その後のサポートのことなどをもっと早くリリースするべきだと思います。いざ、設備だけもらっても使えませんからね。

この業界の人はこれから1年間地獄のような忙しさになるのではないでしょうか。

私もそれにあやかって忙しくしたいものです(笑)。

 

しかし、キャッシュレスになると、今までお店で出していた現金+ポイントカードが

クレジットカード+ポイントカードになるということです。

慣れれば問題ないかもしれませんが、カードを2枚だすのに違和感が・・・

もしかしたらプラスチックのポイントカードより、紙のスタンプカードの方が違和感ないかも・・・

いや、そんなことはないかな(笑)

キャッシュレスはスマホでも決済できるから、ポイントカード自身を出すのをためらうかもしれません。そうなるとお店のポイントシステムは瓦解しますね。それを乗り越えるには今までどおりの「割引ポイント」ではなく、もっと違う魅力的な何かに変えることが大切です。わざわざ財布を出すくらい魅力的なものが求められています。

 

いずれにしても日本でも決済革命が起こる可能性が高くなります。

お店の方は今すぐ対策を!

 

■□■マーケティングツールの制作■□■
■□■マーケティングサポート業務■□■

株式会社ハーベスト・クロップス 鈴木です。
名古屋でマーケティングでお悩みの方。
きっとお力になれますよ。

■□■お客様はあなたの最大の財産です■□■