多様性が許される時代

こんにちは。
ハーベスト・クロップス 鈴木です。
まだまだコロナ禍が続く中、事務所に引きこもっていることが多いです。
そのためだと思いますが、少しずつ太り始めました。
もともと太っているのに、さらに太り始めたためいよいよヤバい領域に・・・
このまま行くと締められるベルトが無くなって、間もなくサスペンダー生活ですよ!
ということで、運動を始めることにしました。

歩くならやっぱりアレ

しかし、いきなりハードな運動をするとヒザとか腰とかがヤバい!
なので、ウォーキングをしています。
朝、いつもより1時間早く起きて、徒歩20分くらいの場所にある神社へ。
そこでお参りして帰ってきます。
歩数は行って帰って約6000歩。
この歩数を無駄にはできないぞ!という根っからの効率中毒ゲーマーな私は「アレ」を始めました。
そうです「ドラクエウォーク」です。
「ポケモンGO」には行けなかった・・・ゴメンね〇〇さん。
周りからは「え!今さら?」と言われましたけど、つい先日TVでCMを見たような・・・
メープル超合金だったような・・・
ま、確かに今さら感はありますが、ドラクエウォークでウォーキングを習慣化しようと企んでいます。

周回遅れがよくある

私、こういう「今さらな周回遅れ」がよくあるんです。
マイブーム(死語か?)というヤツですかね。
これがちょっと(かなり)遅れてやってきます。

例えば、音楽では「PSY」とか「RADIO FISH」とかを今聞いてたりしますし、漫画は「絶望先生」を今読んでいます。様々なコンテンツをまあまあ周回遅れで楽しんでいます。
ビジネス書も「なんで今それなん?」というのを読んでいたりしますし、世の中のほとんどがSUVに注目している時代に、オープンカーに惚れ込んだりしています。鬼滅の刃も先日やっと見たくらいです。これは見たいというより「なんでコレ流行ってるの?」という調査目的で見に行ったんですけどね。流行っているものも嫌いではありませんが、自分の好きなものがはっきりしているタイプです。

周回遅れでも大丈夫。

昔だったら「周回遅れ=ダサい」だったのが、今は「周回遅れ=そういう人なんだね」と認められるようになってきました。
多様性が重視される世の中ですから、「自分は自分」で良くなってきたんですよね。
私が若い頃はみんな同じ新車に乗っていた時代がありました。「古い車=ダサい」という価値観でしたね。新型車が出たら旧型車は恥ずかしいから買いかえるという人が多かった時代。みんな同じ価値観、同じファッション。もう30~40年くらい前です。
それが今では随分変わってきたなと思います。周りに同調するより、自分らしさを重視した結果ですよね。
でも、こんな多様性の中でも流行はあり、オシャレピーポーは全員大き目の丸眼鏡ですけどね(笑)。うん、大好きです。ちょっと前はグラデーショングラサンでしたよね。今ではローランド氏と空手の会長しか着けていません(コラ)。
車もちょっと前まではミニバンブームでしたが、今はいかつい顔のメッキパーツ多すぎなオラオラSUVばかりです。これは個人的には苦手です。
きっと次は丸目でシンプルな優しい顔の車の時代が来る・・・といいなあ。

多様性の中で生き残るには。

これだけ多様性が認められ、選択肢の多い世の中です。
新しく生まれるものと同時に、今までのコンテンツを愛する人がおり、どんどんと枝葉が分かれていきます。
そんな世の中ですから、個人の趣味嗜好は自由で構いませんが、ビジネスを実施する方として考えると、どんなお客様から選ばれるかをしっかりと考えないといけません。
よく「誰が対象ですか?」と聞くと「みんな」と答える人がいますが、これはもう戦略を放棄していると見なしてもいいでしょう。今は、もっとセグメントした「とんがったアナタだけ」を対象にしないと生き残れません。
総合力より一点突破力。
他の同業者には負けない何か。
これが求められています。
ぜひ皆さんも自分のビジネスが誰を対象にしているか、考えてみてください。

次の記事

お盆休みのお知らせ